看護部

ごあいさつ


看護部長 谷口育子
 当院看護部は、地域一般病棟、医療療養病棟、透析室、外来(医療相談・地域連携室)において活動しています。
病院理念に基づき信頼関係を大切にし、地域に根ざす安全で安心できる看護サービスが提供できるように日々努めています。 看護師等の人材確保の促進のため、早くから多様な勤務形態の導入、定年後再雇用制度、看護学生(看護学科・准看護学科)の育成等、継続して働くことができる職場の環境づくりに力を注いでいます。

看護部の理念・方針

看護部の理念
○ 安全で安らぎのある環境づくり
○ 心をこめた看護実践
方針
 1.患者さんの訴えを親身になって聞き、その意図するところをくみ取り、医療行為にとって最も大切な
  “患者さんとの信頼関係の構築”に努める。
 2.看護活動は、患者さんの療養環境を整え安全を第一に考え、科学的な思考と判断力を駆使して行う。
 3.自らの看護の質を高めるよう不断の努力を行う。
 4.医師、薬剤師等他の職種の人々と協力して、患者さんの支援体制を確立する。
 5.自己表現しているこの場所が自己成長出来る所と認識し、切磋琢磨してお互いの成長を図る。
 6.社会情勢の変化や時代のニーズに敏感に反応し、お互いに情報を交換してその意味を確認する。

看護体制

看護方式:チームナーシング+受け持ち制
看護基準:一般病棟入院基本料 地域一般入院料3(37床)→15対1
    :療養病棟入院基本料 療養病棟入院料1(128床)→20対1
勤務体制:3交代制
勤務時間:日勤 → 8:30〜17:00
     準夜勤務 → 16:30〜1:00
     深夜勤務 → 0:30〜9:00
※日勤専従、夜勤専従有り
 年間休日 128日

看護師の教育



教育目標

1.社会人としての自覚を持ち、責任ある行動がとれる。
2.患者・家族の人権を尊重し、倫理綱領に基づいた配慮ができる。
3.患者の個別ニーズに対応した看護(介護)サービスの提供ができる能力を育成する。
4.病院機能の変動に応じて要求される看護職の役割を果たすことができる。
5.自ら探求する姿勢を身につけ、研究的視点で看護が実践できる。

・看護部の理念に基づき安全で質の高い看護を提供できる人材を育成するため、看護部教育委員会を
 設置し日々活動しています。
※新人教育はプリセプター制度を摂り入れ、新人のペースに合わせて看護スタッフ全員で育てます。
 また、クリニカルラダーに基づいた教育を行っています。

看護部教育スケジュール表

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
 




 
入職式 介護技術
と介助の
基本
看護記録
の基本と
実際
透析治療
ステップT
救命救急
医療機器
シャント
について
シャント
開通処置
院内感染
対策
介護技術
と介助の
基本
看護記録
看護計画
の立案
透析治療
ステップU
院内感染
対策
救命救急
医療機器





医療安全
研修
院内感染
対策研修
医療安全
研修
院内感染
対策研修
 



 
新入職者
集合研修
主任補
研修
看護部
1日研修
副主任
研修
主任研修
看護補助
者研修
副師長
研修
師長研修 新入職者
集合研修
看護部
1日研修